2お店の控え使用明細

クレカを店舗にて使用する場合に、何度も思ったことがおありかと考えますが、店員が理解していないためにどちらの明細を客に渡せば良いのか迷う時がある。

というのは、カードを処理すると、端末からは複数枚の使用明細というものが出力されるためでこのレシートの中のどの明細をお客様へ渡してよいものかどうか迷うということがあります。

3枚のレシートの説明・・・複数の利用レシートの説明とはいかなるものなのかということの概要は、下の内容になります。

1お客さんへ渡すレシート。

2お店の控え使用明細。

3カード会社控え利用レシート(記名する紙)。

普通はもちろんお客さんに対して渡す用の紙の方を受領するのだが、たまに別の明細を客側へ誤って渡してしまったパターンやサインをした方の使用明細を渡すようなというような大きなミスさえも存在します。

このようなケースはアルバイト店員であったり普段クレジットカードというものが使われることの少ない店の会計にてクレジットを使おうとすると、店員の動揺を見られるだろう。

上述のようにレシートを提示してきた場面では、どうぞ「こちらじゃありませんよ」などと言ってください。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.greenworld-official.com All Rights Reserved.