高齢者の車の運転について思うこと

私が住んでいるところは、まさに車社会です。

車の所有数は、1家に1台ではなくて、1人1台なんていうことも珍しくありません。

車がないと、生活がとても不便になります。

スーパーへ行くのも、病院へ行くのも、車で行くのが当たり前です。

そんな事情もあり、最近すごく感じるのは、お年寄りのドライバーが増えたなということです。

車の運転って、辞め時が難しいですよね。

もうやめようと思っても、目先の用事があると先延ばしになってしまうんだと思います。

町中には、80代のドライバーも珍しくありません。

私の父も、もう72歳です。

いまだに、高速道路を使って趣味の為に遠出をしたりもします。

でも、あと何年運転させておいていいのか、時々不安になります。

車の運転を辞めさせてしまうと、趣味を楽しむこともままならなくなります。

行動範囲が狭くなり、心身ともにますます老化が進んでしまいそうです。

老後を楽しく過ごしてもらいたいとは思うのですが、事故が起きてからでは遅いですからね。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.greenworld-official.com All Rights Reserved.